相続や離婚など專門のプロ弁護士に相談する~トラブル防ぎ隊~

business man

調べることが大事

make business

離婚するとなれば、スムーズに別れられる二人と調停を行なって法的に別れることのどちらかになります。スムーズに別れられれば、今後の流れで問題はありませんが調停となれば時間がかかることもありますので知っておきましょう。

Read More...

日本の離婚事情

make business

愛し合ったことで結婚した二人が、何かしらの原因で離婚してしまうということがあります。そうなった場合は、別れる為に法的な手続きを行わないといけませんし、生活環境もガラッと変化することになります。

Read More...

相続の手続き

相続の手続きは、どこを選ぶかが重要

business man

相続の手続きをする事になったら、その手続きをどこにお願いするかが大変重要です。 誰にお願いしようかと選ぶ時、料金で選ぶのも一つの方法です。 相場を簡単にご説明しましょう。 相続の手続きは、大手銀行等では100万円以上の遺産整理手数料を取るところも珍しくありません。 弁護士への依頼も、同様に100万円以上となる事があります。 司法書士事務所や行政書士事務所でも、相続を業務内容に加えている所があります。これらは他に比べて半分以下やそれよりも低い料金で行ってくれる事もあります。 しかし、司法書士や行政書士、銀行等にも相続で手続き出来ない範囲があります。 例えば、相続税申告は税理士が行うので、その部分は税理士が紹介で登場してきたりするのです。 依頼時には、何が出来て何が出来ないのか、明確に確認する事で料金資産が上手くいきます。

揉めること多し、円滑に解決するために

相続の一つの特徴は、これまで仲が良かった家族であっても、遺産分割になると揉める事があるという事です。 こうして揉め始めてしまうと、当事者同士での解決は大変です。 自分たちによる話し合いで解決したり、遺書が存在すれば良いのですが、なかなか解決出来ない場合には、第3者に入ってもらう事で円滑に進められます。 このような相続手続きの紛争介入などは、弁護士が行う事が出来ます。 他の司法書士や行政書士の方では対応出来ません。 相続を扱う士業資格はいくつかありますが、このように資格によって出来る事に制限があります。 揉めることが多い相続を円滑に解決するためには、相続の解決したい部分を明確にして、それに対応出来る所にお願いするのが得策です。

専門家の力を利用する

make business

人が生きていく上で、発生する様々な問題を効果的に解決していくためには、それぞれの問題について専門的な知識を持つ人の力は非常に役立ちます。そうした力を上手に活用することが大切なのです。

Read More...